数々の言語にその場その場で適切な翻訳を行うことはとても困難です。大切なビジネスのシーンでは翻訳の重要性は高く企業の業績に直接結びついてしまいます。

弁護士

法律に関する情報は法務省サイトへ


支払えるお金がなくて自己破産をするのに、その後に会社を辞めないといけない様な事があれば、更に困窮する事になります。しかし、会社に連絡が行かないケースもある様です。弁護士を通して手続きを行うと、金融機関に対して受任通知書という書類が送られます。

その書類を受け取った後は取り立てを行う事ができないそうです。受任通知書は弁護士などの法律家を通さないと送付する事ができない書類です。自分で行った場合には、すべての自己破産の手続きが終えるまでの間は取り立てがやまない事もあります。

その際に会社にまで取り立てが行ってしまい、借金や債務整理について知られてしまう可能性もあるみたいです。

ページトップへ戻る