数々の言語にその場その場で適切な翻訳を行うことはとても困難です。大切なビジネスのシーンでは翻訳の重要性は高く企業の業績に直接結びついてしまいます。

TOEIC試験の時間割

海外に関する情報は外務省サイトへ

TOEICは英語によるコミュニケーション能力を評価する世界共通のテストです。試験は世界各国のさまざまな企業、学校、団体で、能力評価基準としてしようされています。

日本でも年数回試験が行われています。TOEIC試験の時間割は、このようになっています。11:30~12:20まで受付を行っています。

12:20から15分間行われる事前説明が始まるまでは会場からの出入りは自由です。

12:20から15分間テープでの事前説明があり、解答用紙に住所氏名やアンケート回答を行います。

12:45~13:00問題用紙配布です。

13:00~15:00までが本試験の時間です。

15:00になったら問題用紙と解答用紙をすべて回収し、解散という流れになっています。

TOEIC勉強法について

TOEICを受験するからには高得点を取得したいと考える人が多いでしょう。

初めて受験した人の中には時間がなくすべて回答する事ができなかったという人もいます。TOEICは、これまでにどんな内容も問題が出題されてきたのかを知る事ができます。

大きく問題が改正される場合を除いては、あらかじめどんな形式で問題が出題されるのかという事は過去問から知る事ができます。

試験の際に問題を読んで回答するのではなく、過去問などの問題をしっかりと読んで把握しておくと、試験中に問題の説明については読む時間を短縮できます。

試験で効率的に回答できる様にTOEIC勉強法を工夫しましょう。難解な事は分からないという人でもTOEIC勉強法をアレンジすると、より正解率を高める事につながるかもしれません。

ページトップへ戻る